IR情報|環境と科学のコーディネート

長期ビジョン・中期経営計画

長期ビジョン

2016年~2025年

Go forward

「アグレッシブな化学品・機能製品の総合商社への変革」を目指す

当社は、グローバル規模で変化を加速させる産業界において、従来通りの考え方や事業スタイルの踏襲では、持続的成長と激動する市場の中で勝ち残っていくことが、難しいという観点から、今後の経済・産業界の動向を見据えた長期ビジョンを策定いたしました。この長期ビジョンのキーワードは「攻」です。自らの変革を進めながら、抽出された強みを活かし、新たな事業に挑戦していくことで、専門的知見をベースにした「化学品・機能製品の総合商社」へ変貌を成し遂げていきます。そして、このビジョン達成に取り組むことで、あらゆるステークホルダーの信頼に応えると共に、社員一人ひとりが夢を持てる職場環境を整備していきます。

図:

新中期経営計画

2016年度~2018年度

Go forward STAGE 1

当社は長期ビジョンの達成に向けて、当該期間を3つのステージに分け、それぞれの期間の位置づけを明確にしたより具体的なアクションプランである中期経営計画を実行していきます。2016年度から2018年度においては「STAGE 1」として長期ビジョンで掲げる”アグレッシブな化学品・機能製品の総合商社”を目指していく上での基礎固めを主眼とした戦略・施策に取組んでいます。

図:

事業基盤・戦略・目標

[基盤整備]

今後成長が予想される5つの事業領域と当社の専門的知見が活かされる3つの商品カテゴリのマトリクスを基に、各ニーズに対して積極的に提案可能な事業基盤を構築。

図:

[戦略・政策]

成長戦略勢】

5つの成長領域で積極的な提案営業を推進

提案力の強化 STAGE1での成長への源泉となる提案力強化に向けて、全営業部門を横断的に統括し、マーケティング機能を担う「営業統括本部」を新設
既存及び関連事業領域への
  • 既存顧客を中心に、業界動向等に対応する新商材の提案営業を推進
  • 潜在顧客へのアプローチ強化
  • 商社として、取引先を”つなぐ”機能の発揮
  • 調達の多様化による、より確かなディストリビューション機能の確保
新しい事業領域への
  • 専門的知見の習得
  • 仕入先との関係構築
  • 実績づくりとその実績をモデルにした横展開の加速
成長が期待されるアジアビジネス拡大へ
  • 差別化可能商品を中心とした展開
  • 現法所在地国での営業拡充
  • 国内実績をベースにした事業推進
  • タイアップ等の現地ネットワークの整備
人事政策
【刷新】
闘いめる集団
  • 成長戦略の実行を支える闘い攻める集団となるべく「商品×事業領域でのマトリクス組織」を形成
  • 提案型事業展開に資する評価制度の導入
財務政策
【刷新】
めの財務
  • 長期ビジョン達成に向けた、投資余力を生み出す財務戦略の展開

[目標]

2016年3月期 実績 2019年3月期 目標
売上高 963億円 1,300億円
営業利益 12億91百万円 20億80百万円
営業利益率 1.3% 1.6%以上

※配当性向についても30%以上を目標としていきます。

“Go forward”。ソーダニッカは変化する経済・産業構造の中で、「攻」をキーワードに前進を続け、長期ビジョンの達成を目指します。そして、全てのステークホルダーから信頼される企業となり、事業を通じた社会貢献を果たしてまいります。
関連情報・リンク

中期経営計画の進捗等につきましては、その他のIR資料に掲載の「第70回 株主総会懇談会資料」をご参照下さい。